社員インタビュー

 

島村 亮太  平成23年4月入社 工事部 主任
 

Q. この会社でのやりがい、この仕事の楽しさを教えてください。

A. 会社に入社してすぐに、現場を任され、先輩や上司にいろいろなアドバイスをもらいながら、無事に現場を終わらせることができ、達成感を感じた時にやりがいを感じました。今は、まだ従業員数も少なく自分の意見等が会社の先輩、上司に浸透しやすい状況なので、みんなで考え、アットホームな会社を作ってる感じが楽しく思います。また資格取得などを、会社が積極的に応援してくれるところにも、自分のスキルアップにもつながると思いやりがいを感じています。
 

Q. この仕事の大変なところは?

A. 今まで、やってきた仕事と全く違う仕事なので、適応するまでが大変でした。今までは、作業員として仕事をこなしてきましたが、工事を管理する側になってコストや作業員のことを考えなければいけないのが大変です。また、パソコンのスキル、自分で工事のやり方、人数などを考え、計画書等も作成し計画することが大変に感じます。
 

Q. 今後の目標は?

A. 弊社は工事の仕事がメインですが、工事以外のことで、幅広くいろいろなことに挑戦し、資格取得など自分のスキルアップに努めたいと思います。

 

宮崎 亮介  平成25年6月入社 工事部
 

Q. この会社でのやりがい、この仕事の楽しさを教えてください。

A. 担当の現場によって色々な仕事を経験させてもらえるので一つの現場が終わるごとに自分の成長が実感できる。社員数が少ないため自分が会社を支えているという実感が大きく、社長を始め幹部の方々と1対1で話し合う機会も多いため日々の仕事の報告、連絡、相談が口頭できるのでとても安心できる。会社の今後の事業発展に貢献していけると思うと非常に嬉しい。
 

Q. この仕事の大変なところは?

A. 取引先が大手企業のため、仕事内容はもちろん安全面も含めて個人の小さなミスも許されないのでとても緊張感がある。大きな現場を任せてもらえるチャンスも多いがその反面プレッシャーは日々感じる。「自分の代わりはいない」という責任感はあるが、それも自分の実力につながっていると思うとモチベーションがあがる。
 

Q. 今後の目標は?

A. 多くの資格を習得して一人で現場の管理が出来るようになりたい。まだまだ未熟で精進の日々ですが、今後はどうすればもっと効率よく仕事ができるかを徹底的に追求し、自分の仕事の幅を広げ、全てにおいて一人前の現場監督になりたい。

 

平尾 和洋  平成25年11月入社 工事部
 

Q. この会社でのやりがい、この仕事の楽しさを教えてください。

A. 入社して間もない頃に現場代理人を任され工事期間も短く、社業員も少なく工期に間に合わせるのに大変苦労し、すごくプッレシーに感じたこともたくさんあります、しかしそのなかで自分ができる事を精一杯頑張り、少しでも評価されたとき面白みを感じます。
 

Q. この仕事の大変なところは?

A. この仕事は多種多様で、毎日の仕事が違い、覚える知識が多いことです。
 

Q. 今後の目標は?

A. 機械設備に関する知識、技術を身に着け、色々な事に意欲を持ち、早く一人前になることです。

 

中村 光孝  取締役 事業本部 本部長 兼 営業部 部長
 

弊社は、まだ創設して7年目の若い会社です。20代から40代を中心にベテランの人達と一緒に少数精鋭で頑張っております。これから会社を伸ばしていく過程の中で、大手にはない上から下への風通しの良さ、アイデア、意見があれば通りやすい環境、何より今が一番会社が変化する大事な時期なのでここで頭角をあらわした人が、後の会社のコアになると思っております。

それらを踏まえると、会社作りから関われているという大手にはない楽しさとやりがいがあります。仕事内容が多岐にわたるため、色々な知識が必要になり、前回の知識が通じないような場合も多々あります。そのような場合でも臨機応変に、柔軟に対応できる能力も求められます。

弊社では、そのような人材の育成を目指しており、日々従業員も頑張っております。

今後は、会社の規模を拡大し、建設業の許可業種も増えてきているので、業務内容も拡大していきながら、総合的な建設業を目指していきたいと思っております。